発刊日:2017年5月20日
著者:大橋信太郎 著
体裁:四六判・186頁
価格::本体価格2,315円(税込み価格2,500円)
ISBN:978-4-904019-34-4

※書籍は準備が整い次第発送させていただきます。
※入金確認後、順次発送となります。

書籍概要

大手研修会社の人気講座を書籍化!

 大企業から中小企業に至るまで、IoTの拡大を自社の成長に取り込む動きが始まっています。
しかし、多くの経営者や担当者の方が、具体的にどのように自社の組織や商品・サービス開発につなげていけば良いのかわからないという悩みを抱えています。

本書は大手研修会社の人気講座で使用されたテキストを大幅に加筆して作成されました。著者の研修やセミナーは研修会社だけではなく、商工会議所などの公的機関や銀行などの金融機関でも開催されており、大企業の新規事業担当者、中堅・中小企業の経営者、起業家の方など幅広い層から支持を受けています。

IoTを掲げる書籍は数多くあります。しかし、その多くはIoTの概念や海外企業における事例紹介に留まっています。本書では、著者自身のコンサルティング実績をもとに、IoTの世界観の紹介から、ビジネスニーズに応じてIoTビジネスモデルを構築するための手順に至るまで、具体的に紹介しています。

著者プロフィール

大橋 信太郎(おおはし しんたろう)

経営コンサルタント/中小企業診断士〔経営革新等認定支援機関〕

法政大学経済学部卒。精密機器メーカーを経て、2014年に独立。中堅・中小企業を対象にIoTやAIを活用した新規事業開発支援などを多数実施する。また、東京商工会議所、中小企業基盤整備機構、金融機関、大手研修企業などでIoTやインバウンドビジネスに関するテーマでセミナーや研修を多数実施。

著書『IoTビジネス・機器開発における潜在ニーズと取組事例集』情報技術出版(共著)

公職:

東京商工会議所ビジネスサポートデスク(東京西)経営相談員/東京都中小企業活力向上プロジェクト派遣専門家/東京商工会議所エキスパートバンク専門家/東京信用保証協会派遣専門家/『2017年 勇気ある経営大賞』審査委員/東京都中小企業診断士協会城東地区会員

目次

はじめに

第一章 すべてはスマホからはじまった

“the internet in your pocket”
(インターネットをポケットの中へ) 
すべてのモノがスマホ化する 
モノの本質を再定義する 
IoTにおけるモノの特徴 
IoTの世界観を構築する 
ヒトからモノへ 
コラム「ハイデガーの水差し」

第二章 ビジネスモデルキャンバスとは

戦略とデザインの融合 
ビジネスモデルキャンバス 
ビジネスモデルの変革 
演習:自転車と10 万円 
競争戦略とビジネスモデル 
GE:「ロックインモデル」から「オープンビジネスモデル」へ
アマゾン・ドット・コム:「ロングテールモデル」から「レイヤープレイヤーモデル」へ 
演習 
コラム「ビジョンを基準に」

第三章 新規事業開発の進め方

ケーススタディ:日立製作所 
第1ステップ ビジョンの策定からビジネスモデルの構築まで 
第2 ステップ CSF・KGIの作成まで 
第3ステップ 提案書の作成まで 
コラム「センスメイキング理論」

第四章 IoT導入の現場(1)

IoT × 農業 株式会社エスコ(長野県) 
第1ステップ ビジョンの策定からビジネスモデルの構築まで 
第2 ステップ CSF・KGIの作成まで 
第3ステップ 提案書の作成まで 
コラム「国の支援施策」

第五章 デザイン思考

IoTにより実現すること 
体験をつくる 
ヒトの行動を変える 
UX を改善する 
有限会社三栄美術印刷(東京都) 
コラム「歴史学とIoT」

第六章 IoT導入の現場(2)
エヌカント株式会社(東京都) 
第1 ステップ ビジョンの策定からビジネスモデルの構築まで 
第2 ステップ CSF・KGIの作成まで 
第3 ステップ 提案書の作成まで 
コラム「ビジネスモデルの変容」

第七章 ITからIoTへ
IoT関連企業とされている企業 
顧客はIoT に何を期待しているのか 
IoTを事業構造の変革に活用するには 
IoT推進のための組織づくり 
日本企業においてIoT が進まない理由 
ビジョンを組織に根付かせるために 
IoTシステムの開発手法 
IoT活用のために 
コラム「けものフレンズのかばんちゃん」

第八章 IoT 導入の現場(3)
IoTにおけるIT 企業の重要性は低下する 
AIをどのように捉えるか 
DATAビジネス株式会社(東京都) 
第1 ステップ ビジョンの策定からビジネスモデルの構築まで 
第2 ステップ CSF・KGIの作成まで 
第3 ステップ 提案書の作成まで 
コラム「江戸のベンチャー」

あとがき